セタガヤ治療室は「さとうのぶお鍼灸院」に名称を改めました
詳しくはここをクリック セタガヤ治療室は「さとうのぶお鍼灸院」に名称を改めました
詳しくはここをクリック

乱視

症状説明

乱視とは、角膜や水晶体の屈折異常により、眼に入った光が焦点をむすばない状態をいいます。
角膜のカーブの程度が方向によって違う「正乱視」と、角膜の病気やけがなどの視力障害によっておこる「不正乱視」の2種類があります。遠いところも近いところも見えにくいうえに、目が疲れる、物が2重にみえるなどの症状がみられます。
正乱視の原因は角膜にあり、生まれつきのことが多く、不正乱視は角膜の表面が不正形(凸凹)で、一般にレンズでは矯正しがたい場合です。

治療実績

乱視が治って目がすっきりして眼精疲労も軽くなったとおっしゃる方も多くいらっしゃいます。
しかし乱視は近視と共に個人差がある様に見受けられます。これからも研究を重ねて参りたいと思います。

さとうのぶお鍼灸院(セタガヤ治療室)のBlog

症状別・患者様の声のご紹介!こんな症状の方が来院されています

患者様の声よりこんな感想をいただきました!

充実の治療設備


onnetsukyu
(c)2015 さとうのぶお鍼灸院/セタガヤ治療室
▲ページ上部へ ↑