セタガヤ治療室は「さとうのぶお鍼灸院」に名称を改めました
詳しくはここをクリック セタガヤ治療室は「さとうのぶお鍼灸院」に名称を改めました
詳しくはここをクリック

円錐角膜

症状説明

円錐角膜は、角膜の正常な湾曲が変形して中央部が薄くなって前方へ突出する病気です。
主な症状は視力障害で、初期には眼鏡である程度矯正できますが、進行すると矯正できなくなります。一般に10代後半から20代前半に発症することが多く、徐々に進行していく病気と言われています。治療法としては円錐角膜用のコンタクトレンズでそれ以上の突出を抑えようとするのですが、最悪の場合角膜移植に至る事もあります。

治療実績

角膜のカーブが改善してコンタクトレンズとの間に隙間ができ、レンズが合わなくなったり、さらには円錐角膜用コンタクトレンズから市販の近視用コンタクトレンズに戻った方もいらっしゃいます。

さとうのぶお鍼灸院(セタガヤ治療室)のBlog

症状別・患者様の声のご紹介!こんな症状の方が来院されています

患者様の声よりこんな感想をいただきました!

充実の治療設備


onnetsukyu
(c)2015 さとうのぶお鍼灸院/セタガヤ治療室
▲ページ上部へ ↑