セタガヤ治療室は「さとうのぶお鍼灸院」に名称を改めました
詳しくはここをクリック セタガヤ治療室は「さとうのぶお鍼灸院」に名称を改めました
詳しくはここをクリック

老視(老眼)

症状説明

老眼とは、毛様体筋の衰えと、水晶体の弾力性が低下する事により、近くのものが見えにくくなります。
水晶体は、自らの弾力でピントを調整するものなので、その弾力が失われると、スムーズなピントあわせが出来なくなり、焦点は網膜より後ろに結ばれてしまいます。

治療実績

80代になって老眼鏡なしで針に糸が通せる様になったと言われる方がいらっしゃいます。
またメガネが無い方がかえって新聞を読むのが楽になったと言われる方もいらっしゃいます。
この様に多くの方に老眼の改善傾向が見られます。
しかし、老眼というのは年とともに進んで行きやすいので患者さんにも食事療法や運動療法など老化を遅らせる様な努力をお願いしております。

さとうのぶお鍼灸院(セタガヤ治療室)のBlog

症状別・患者様の声のご紹介!こんな症状の方が来院されています

患者様の声よりこんな感想をいただきました!

充実の治療設備


onnetsukyu
(c)2015 さとうのぶお鍼灸院/セタガヤ治療室
▲ページ上部へ ↑