セタガヤ治療室は「さとうのぶお鍼灸院」に名称を改めました
詳しくはここをクリック セタガヤ治療室は「さとうのぶお鍼灸院」に名称を改めました
詳しくはここをクリック

先天性難聴

ついに正常の値に!       愛知県在住 9か月男児

生後3か月からさとう先生のところへ通い始め、生後9か月になった現在、ほぼ聞こえていなかった息子の聴力がついに正常になりました。
生後6か月の検査の時点では60dbへと聴力が上がり家族全員喜んでいました。そして生後8か月の時にASSR検査で気導聴力を調べた所、両耳共に30~10dbと正常になっていることがわかりました。翌月、骨導聴力も検査した所、正常になっているとの結果でした。この驚異的な結果に驚きと喜びの気持ちで胸がいっぱいです。さとう先生には感謝してもしきれないほどです。
息子を産んで1週間後に耳が聞こえていないとわかった時は、目の前が真っ暗で明日が見えませんでした。呼んでも全く向かない、私の声を聞いても泣き止まない、そんなことが受け入れられずすごく辛い日々でしたが、さとう先生に出会えていろいろなことが変わりました。さとうのぶお鍼灸院のHPに載っていた、難聴のお子さんをお持ちの方々の体験談を拝見し、とても励まされました。通院している時、実際にそのお母さん方にお会いし、直接話を聞いて私も息子のためにまだまだ頑張らなくちゃ!という気持ちになれました。
わずか半年でここまで聴力が良くなった事を今でもまだ夢のようで信じられませんが、今では音のあるおもちゃを振って喜んだり、私の歌声を聞いて泣き止んで寝てくれたり、抱っこと言えば両手をあげてくれたり・・・、普通に聞こえているんだなあと日々かみしめ、涙が出そうになります。
耳鼻科の先生から、治ることはないと言われましたが諦めずさとう先生を信じ通ってよかったです。さとう先生のおかげです。本当にありがとうございました。
息子が大きくなった時、いつか耳のこと、さとう先生のこと、鍼灸院で出会った方々のこと、この経験をすべて話して伝えたいと思っております。

一歩一歩の成長を楽しみに!   東京在住 3歳男児

1歳半になっても言葉を発しない、呼んでも振り向かない、話しかけても反応がない息子に対して、今後どう接していったらよいのか途方に暮れていた時にたまたま出会ったのがさとう先生でした。耳が聞こえないのを息子の一個性としてとらえようとしていたのですが、やはり何らかの反応が欲しい。そんな思いをもって先生のクリニックに朝一で電話を掛けたことを今でも昨日のことのように覚えています。開院前にもかかわらずさとう先生は30分ほど息子の多くの障害を抱えていること、生まれてからの様子、まだ歩いたり、話したり、座ったりできない息子のことについて相談に乗ってくださいました。「もしよかったらクリニックにおいで」とおっしゃってくださいました。
2015年の5月、さとう先生の経堂のクリニックの門をたたきました。その頃は座ったりもできず、床の上でごろごろ転がって動けるだけの状態で、ただいつも私の中で抱っこされている息子でした。施術自体も30分程度なので、集中力がない息子にとっても長い時間でなく、私に抱っこされて先生の施術をおとなしく受けている息子を見て、嫌がらないのであればどのように息子が変わっていくのかわからないけれど続けてみようと思いました。当初の息子の聴力は右耳115db音響に少し反応あり、左耳115db反応全くなし。補聴器は全く嫌がり装着しない状態。身体・知的障害もあり、この状態が一生続くのかもしれないと半ば思いかけていたところもありました。ただ親としては出来ることはすべてやってあげたいという一心でした。
先生のところに通い始めて数か月後、2歳の誕生に前にはズリばいができるようになりました。先生曰く、施術自体は耳だけでなく、全身に対して施しているため全体的に改善を見込めるのが接経気功の特色だとおっしゃいました。そして、徐々にコップでお茶を飲んだり、物を手づかみでつかんで食べたり、一つ一つゆっくりではありますができることが増えていきました。体調面もこれまで入院ばかり続いていたのが、入院頻度も減り、着実に一歩一歩成長がみられるようになりました。
3歳になった今、まだ言葉は発するところまでは来ていませんが、自分の意思を動作で表現したり、体を動かしながら座位をとって踊ったりすることもできるようになりました。

先生が九州に引っ越しされてしまったので、頻繁に見ていただくことはできなくなりましたが、通える範囲で先生には見ていただきたいと思っています。

さとう先生、いつもありがとうございます。

卒業目指して!  愛知県在住 6ヶ月男児

生後3か月の時に耳鼻科でABR検査を受け、左耳が100dbにほぼ無反応、右耳が80dbに少し反応がある程度で医師からは、「今後良くなることはない」「次の生後6ヶ月検査の時まで大きく育てて欲しい」と言われました。
まるで見捨てられた気持ちになり、今後どのようにしていったらよいのか目の前が真っ暗になりました。そんな時、さとう先生のHPを拝見し、必死な思いで相談させていただいたところ、「一緒に頑張りましょう」と言っていただき、その言葉に涙したのを今でも覚えています。
集中コースを月2回通わせていただきました。先生の施術を受けてから間もなく、日々の生活で音に反応するようになり、呼びかけにもゆっくりと振り向くようになっていきました。
そして6ヶ月の検査で、左右とも60dbで反応がありました。耳鼻科の医師からは生後6か月の検査後に療育等の専門医療機関は紹介状を書くとの話でしたが、今回の検査結果でそれは見送りたいと言われました。

こんなにすぐ息子の聴力が上がったことに驚きと喜びの気持ちでいっぱいです。そしてさとう先生に心から感謝しております。
今後も更に聴力が上がることを信じ、卒業を目指して頑張って通わせていただきたいと思います。

20dbを目標に!   鹿児島在住・1歳1か月女児

3か月のころに高度難聴の疑いがあると診断され、5ヵ月のころから東京の先生のところに、今は福岡の先生のところに通わせてもらっています。先生の施術を受ける前は右が90、左が80dbでしたが、施術後の検査では毎回数値が良くなっており、1歳の時の検査では両耳とも45dbで反応がありました。1歳になった今も補聴器は購入していません。
毎回数値が良くなっているので病院受診が楽しみです。

先生には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
今後も20dbを目標に頑張っていきたいです。

聴力検査で徐々に良い結果が! 福岡市在住・8ヶ月男の子

生後2か月になる頃、耳鼻科で精密検査を受け、右90db、左80dbとの検査結果が出ました。数値的には高度~重度の難聴になるため、補聴器はもちろん、人工内耳も視野に入れることも考えていたころ、さとう先生のホームページを拝見し、わらをもつかむ思いで生後2か月半から先生にお願いし施術を受け始めました。
先生の施術を受けてから初めて行う聴力検査では、左右ともに60~70dbと前回の数値よりいい検査結果が出てくれました。それからさとう先生のもとへ月に2~3回通いながら、耳鼻科の方へ月に1回通い、その都度行う聴力検査では徐々にいい結果が出るようになりました。

生後6か月半で改めてMRI画像を撮り、難聴の原因が「前庭水管拡大症」という内耳奇形の病気であることが判明しましたが、最近受けた生後7ヶ月半での聴力検査では45~55dbとさらに良い結果が出てくれました。
「前庭水管拡大症」とはいえ、補聴器なしでも大丈夫な人はいるらしいのです。

さとう先生の元へ通いだして5ヵ月。先生のおかげで、息子は徐々に聴力検査の結果はもちろん、音の鳴るおもちゃや、私を始め家族の言葉かけに対する反応もいいように感じます。
これからも引き続き定期的にさとう先生にお世話になり、少しでも改善してくれれば・・・・・。そう願っております。

右90左80db(デシベル)から左右とも45dbに改善⤴

昨年10月に東京で治療を始めた今年の5月で1歳になるお子さんを、昨年の10月生後5か月のころから治療を始めました。治療開始当初は右90左80dbでしたが、現在は左右とも45dbまで改善しています。補聴器をつけなくても十分反応しているそうです。
お母さんとおじいちゃんが付き添っていつも治療にいらっしゃっていますが、ご家族に喜んでいただくことが私のエネルギー源となっております。非常にやりがいを感じています。

このお子さんも集中コースと言って1泊2日で4回あるいは2泊3日で6回の治療を受けておられます。この集中コースが非常に早く、しかも大きな効果を発揮していることを実感しています。

7ヶ月・幼児

私達の7カ月になる子供は、生後すぐに産院での「新生児スクリーニング」という検査にて難聴の疑いを指摘されました。その後の精密検査の結果、右耳は無反応、左耳は90デシベルの大きい音で、ごく小さな反応という聴力であることがわかりました。先天性難聴は新生児の1000人に1人の割合で起こり、その多くは補聴器の効果が乏しい感音性難聴と言われる、比較的重度の場合が多く、原因もはっきりわからず、現代の医学では、治る見込みはない、といった絶望的とも思える説明を医師から受け、2度目の精密検査のときには、早期療育施設を紹介されました。確かに、どんなに大きい音がしても驚かず、耳元で話しかけてもおとに対する反応は全くありませんでした。

失意の中、何とか改善する方法はないものか?とありとあらゆる模索をし、その中で見つけたセタガヤ治療室さんに、ご相談申し上げました。 すると、赤ちゃんの発達を促す小児鍼でアプローチして下さるとの事で、藁にもすがる思いでお願い致しました。

こちらに通いだして3ヶ月程度で、ある変化が起こりました。物音に対し、ゆっくりと顔を向けたり、頻繁に声を出したりするようになったのです。これはもしかすると聞こえているのでは?と思えるようになりました。

そして生後6か月での3回目の精密検査を受けました。結果は、右耳は50デシベルのおとに反応があり、左耳に至っては、生後6か月の赤ちゃんの平均的な聴力に、ほぼなっているとの事でした。大変な驚きと喜びでした。 今後は定期的に経過観察していく事を告げられ病院をあとにしました。これからもこちらでの鍼治療を続けさせて頂き、音の反応に対し注意深く観察しつつも、大切に育てていきたいと考えております。

[スタッフより]

その後、2年4カ月の治療を経て、無事卒業しました。「七つの子」「チューリップ」の2曲をしっかりした音程で歌ってくれました。それを聞いた我々スタッフ一同は、うれし涙で見送りしました。

岡山県在住・女児

生後すぐに受けた新生児聴覚スクリーニング検査で、娘は右耳が聞こえていない可能性大とされ、精密検査をすすめられました。

娘が4カ月になった頃、ABR検査を受け右耳は90dbに無反応(それ以上の大きさは検査せず)、左耳は40dbとの結果が出て、一側性の先天性難聴と言われました。耳鼻科の医師は「今後良くなることはない」「左耳が聞こえているので日常生活や言葉の発達には問題ない」とのこと。

それでも、何とかならないかと思うのが親心で、色々と情報を探し始めました。しかし、小児科も耳鼻科も鍼灸院も、先天性は治らないと言うばかりでした。片耳は聞こえているので余計に問題ないとされました。

セタガヤ治療室のHPを見つけたのは娘が5カ月の頃でした。先天性難聴でも治療対象としていると明記されているのは初めてでした。遠方であることもあり、お電話にて相談させていただいたところ「同じような赤ちゃんや子供さんが通われている。早いにこしたことはないが、都合が良くなってからで良いのでどうぞお越し下さい」との事でした。その言葉に希望の光を見つけ、ひとまず受話器を置きました。

その後、1歳の頃、2度目のABR検査を受けましたが、やはり右耳は90dbにも無反応のままでした。娘は、確かに日常生活にはなんら問題なく、言葉もどんどん増え右耳のことは忘れてしまうほどでした。 しかし、左耳を下にし顔を横に向け大きな物音にも反応せず、静かな世界で眠りにつく娘に時々複雑な気持ちになっていました。

1歳6カ月になりやっとセタガヤ治療室に通いはじめ、週1~2日のペースで治療して頂きました。 それから5カ月が経ち、1歳11カ月で受けたABR検査では、右耳に80dbでの反応が見られました。前回同様に、検査した耳鼻科の医師には「体調にもよる」「今後さらに良くなることはない」等と言われましたが、80dbという結果と治療室を信じ、今後も状況が許す限り頑張って通わせて頂きたいと思います。

千葉県在住・8か月・男児

4か月で両側高度難聴(70db以上)と診断された。

セタガヤ治療室さんのことはインターネットで知りました。小児鍼は痛みもなく、短時間で終了する為、子供への負担も少なく、無理なく通院できます。

現在、週一回程度の通院で5カ月目に入りますが、聴力は40~50dbに改善しました。今後も根気よく通院するつもりです。日常生活の中でも、ちょっとした物音に振り向いたり、こちらの呼びかけに気づいたりと、改善を実感しています。

さとうのぶお鍼灸院(セタガヤ治療室)のBlog

症状別・患者様の声のご紹介!こんな症状の方が来院されています

患者様の声よりこんな感想をいただきました!

充実の治療設備


onnetsukyu
(c)2015 さとうのぶお鍼灸院/セタガヤ治療室
▲ページ上部へ ↑